オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西条市氷見にて雨漏りでお困りの瓦屋根を葺き直し工事しました


西条市氷見の屋根葺き直し工事の進捗です。
前回、新しい屋根下地をつくって防水紙張りまでしたので今回は瓦の復旧をします。
それでは屋根葺き直し工事の工程をみていきます。

屋根葺き直し作業
今回の屋根葺き直し工事は屋根の全面ではなく部分的な施工範囲のため、まわりの土葺きの瓦に合せて漆喰で高さの調整します。
まずは漆喰のズレ止めに瓦桟木をうちます。
今回施工する屋根葺き直し工事は元の瓦を再利用して復旧する工事です。
剥がした古い瓦は表面を掃除してもう一度使い、割れて使えない瓦は処分して新しい瓦に差し替えて工事します。


屋根葺き直し作業
防水紙の上に瓦一列ごとに漆喰を筋状に置きます。
使用する漆喰は馬場商店の「シルガード」の白色で、撥水材のシリコンを練り混ぜているので雨水を弾き防水性が高く、硬化するとカチカチに固まるため丈夫で長持ちする特性があります。
この漆喰で隣の瓦と同じ高さになるように力加減を調整しながら瓦を施工します。

風切り丸の施工
平部を施工しケラバの瓦も施工したら風切り丸を施工します。
この風切り丸は、風の影響を受けやすいケラバの瓦が飛ばないように押さえ込む働きがあるほか、
瓦の割り付けを調整する役目もあります。
漆喰を細く筋状に盛って丸瓦を伏せます。
木部に固定した銅線で丸瓦を止めます。これで飛ばされたりズレ落ちることはありません。
大棟の台のし施工
棟を復旧します。
まず「台のし瓦」を積む土台を漆喰で盛り、台のし瓦を施工します。
棟を施工するときに雨漏りしないように「のし瓦」に外側に傾斜をつけて水切れをよくしたり、漆喰の幅に気をつけて施工します。
漆喰の幅を瓦の幅いっぱいに広く盛ると雨水に触れて毛細管現象で雨水を吸い上げて雨漏りの原因になるので、幅を狭く盛って雨水に触れないようにすることで雨漏りしない瓦屋根になります。

大棟の青海波積み
棟の中間部が瓦の木口で模様のようになっています。
これは「青海波」という積み方で瓦の木口を市松に積むことで海の波模様のように見えることが呼び名の由来です。
屋根葺き直し工事
屋根葺き直し工事が完成しました。
平部の桟瓦は割れている瓦が多かったのでほぼ新しい瓦に差し替えることになりました。
ケラバは古い瓦を再利用しているため下からみても違和感ない屋根になったと思います。

屋根葺き直し工事
ケラバ側からみた屋根の様子です。
棟を挟んで手前が屋根葺き直し工事をした面で奥が工事してない面ですが不自然さは全くありません。
しかも雨漏りもしないように、しっかり工事していますので台風がきても安心できる屋根になりました。

雨漏り修理や屋根のお困りごとは街の屋根やさん西条・新居浜店までご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしております。

この工事の現場ブログ

ズレたケラバの袖瓦

2020/02/19/ 西条市氷見で雨漏り被害でケラバが崩れた屋根の点検調査しました

西条市氷見で屋根の点検調査をしました。築50年以上の古い建物で、ケラバの袖瓦が強風でズレていることに気づいたお客様からお問い合わせいただきました。あまり使ってない建物なので工事金額を抑えたいので部分修理がご希望とのことでした。それでは点検調...........

垂木の施工

2020/02/27/ 西条市氷見にて雨漏りしている瓦屋根修理工事で木工事をしました

西条市氷見の瓦屋根の修繕工事をはじめます。雨漏りがひどく一見して屋根が傷んでいることが想像できますが、瓦と土をとると木部の傷みはひどく、いたるところが腐食しています。それでは瓦降ろしからから木工事、防水紙張りまでの流れをみていきます。前回の...........

大棟の青海波積み

2020/02/28/ 西条市氷見にて雨漏りでお困りの瓦屋根を葺き直し工事しました

西条市氷見の屋根葺き直し工事の進捗です。前回、新しい屋根下地をつくって防水紙張りまでしたので今回は瓦の復旧をします。それでは屋根葺き直し工事の工程をみていきます。前回のブログ「西条市氷見にて雨漏りしている瓦屋根修理工事で木工事をしました」

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市明屋敷で道路拡張にともなう借家の切り取り復旧リフォーム

リフォーム工事
施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
平屋
使用素材
既存のものを再利用
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
54万円
施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円
施工事例

西条市小松町のお宅で落ちそうな鬼瓦をがっちり再施工で解決!

落ちそうな鬼瓦
ズレのない降棟と鬼瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雪害
平屋
使用素材
シルガード白  銅線#16(1.6ミリ)
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

西条市喜多台でコロニアル屋根の雨漏り被害にて棟板金を取り替え

雨漏りで腐食した貫板
棟板金の施工
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ケイミュー(株) タフモック/ヨネキン 棟包
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

西条市東町で雨漏りする古い瓦屋根をルーガ雅で屋根の軽量化

雨漏りする瓦屋根
地震に強いルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ雅 モダングレー色・パナソニック ハイ丸105
築年数
築80年以上
建坪
保証
工事費用
180万円
施工事例

西条市野々市で強風で物が飛んできて割れた陶器瓦の差し替え作業

割れた瓦
割れ瓦の差し替え完了
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
1万8千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

いぶし瓦の二階建て寄棟屋根

西条市飯岡にお住まいのお客様より屋根の漆喰が剥がれてるみたいだから見てほしいとお問い合わせいただきました。早速、屋根調査にお伺いしました。>>街の屋根やさんのオススメするお住いの無料点検はコチラ

隅棟の雨漏り原因

新居浜市郷にお住まいのお客さまより台風のときに雨漏りしたから屋根を見てほしいとお問い合わせいただきました。屋根を調査すると隅棟と壁際の接合部あたりから雨漏りしている形跡があったので、後日雨漏り修理を施工しました。>>街の屋根やさんのお住まい...........

ドローン屋根調査

西条市洲之内で瓦屋根の修理工事をしました。以前、ドローンを使った屋根点検で見つかった不具合を屋根工事させていただきます。>>前回のブログ「西条市洲之内で築70年以上経ついぶし瓦屋根のドローン点検調査」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603