四国中央市土居町にて瓦屋根の雨漏りにお悩みのお客様の屋根調査


四国中央市土居町にお住まいのお客様より雨漏りの調査依頼をいただき、屋根調査に行ってきました。
天井に残る雨漏りの染み
小さな雨では雨漏りしないそうですが大雨だと天井からポツンポツンと水の落ちる音がするそうで、天井板には雨漏りによる大きな染みがあります。
雨漏りで床にバケツや洗面器
床にはバケツやビニールで養生していました。先日の台風の際は雨漏りもひどく、お客様は気になって寝付けなかったそうです。

雨漏りの原因は瓦が割れているとは限りません!

雨漏り箇所の屋根
屋根の上に上がって調査します。築約50年の立派な日本家屋で、昔ながらの瓦屋根です。はじめはからの雨漏りかなと思ってましたが、雨漏り箇所とはちょっと離れていて原因は他にありそうです。

コーキングは塗ってはいけない箇所があります。

コーキングによるラバーロック工法
天井雨染みのあった辺りを調査します。こちらの屋根は以前にコーキングによるラバーロック工法の修理をしていて、瓦同士をコーキングで留めています。ところどころ上下の瓦の木口部分もコーキングを塗っています。これは瓦の下に入った水の抜け口を塞いでしまう為、絶対にコーキングを塗ってはいけない箇所で雨漏りの原因となります。
また瓦の合口が大きく開いているところが二カ所あります。これは瓦の焼き捻れが原因で、昔の瓦にはよくあることです。現在の瓦寸法精度が良くなった為、瓦同士の合口が大きく開くことはありません。
瓦の重なり部分に溜まったゴミ
瓦を一枚剥がしてみます。瓦の重なり部分にはホコリゴミが溜まっています。このホコリが大雨のときに雨水に触れると毛細管現象により雨水を吸い上げて瓦の下に侵入します。
瓦の下に侵入した水は瓦の裏面を伝い下の瓦の表面に排水されるような形状になっています。
雨漏り箇所
何枚か瓦をはがしてみました。瓦の木口コーキングを塗っていた箇所は、瓦の下の葺き土が一部濡れて周りと土の色が違います。
雨水の浸入した形跡
こちらは瓦の下に入った水が瓦の裏面を伝って下の瓦表面に出ようとしたのにコーキング出口が塞がれていたことで、外に出られず逆流して雨水が浸入した跡です。

雨漏り調査は原因究明が大事!

雨漏りの雨水の経路
隣の瓦の列もはがしてみました。雨水流れた経路葺土が流されているので経路の推測は簡単にできます。この地域で昔ながらの土葺き工法の瓦屋根は瓦の下に葺土があり、その下に防水の役割で杉皮(杉の木の表面の樹皮)を敷き詰めています。こちらの写真にあるように杉皮があり、ここから雨水が落ちて雨漏りとなりました。

これで雨漏りの原因が特定できたので、修理方法をいくつかご提案させていただきます。瓦も古くなり昔ながらの土葺き工法で屋根の重量も重い為、これからの地震対策の為にも軽量の瓦や屋根材で葺き替える工事と部分修理のお見積書を提案させていただきます。

雨漏りの調査は原因究明が大事です。原因が特定できないと適切な修理工事ができず、過剰な高額工事になったり、雨漏りが直らなかったりしてお困りの方は沢山います。

屋根の点検や調査は豊富な経験と実績のある、屋根の専門である私たち街の屋根やさん西条・新居浜店までお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市喜多台でコロニアル屋根の雨漏り被害にて棟板金を取り替え

雨漏りで腐食した貫板
棟板金の施工
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ケイミュー(株) タフモック/ヨネキン 棟包
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

今治市高橋で冬の凍害被害で割れた瓦を差し替え修繕工事しました

瓦桟木施工
瓦修理
工事内容
雨漏り修理
雪害
使用素材
菊間瓦 見掛瓦 紐丸瓦
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
18万円
施工事例

西条市野々市で強風で物が飛んできて割れた陶器瓦の差し替え作業

割れた瓦
割れ瓦の差し替え完了
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
1万8千円

同じ地域の施工事例

施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円
施工事例

四国中央市土居町でセメント瓦屋根を陶器平板瓦で屋根葺き替え工事

セメント瓦屋根
陶器平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
鶴弥 スーパートライタイプⅠ 銀鱗色
築年数
築40年
建坪
保証
工事費用
140万円
施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

隅棟の雨漏り原因

新居浜市郷にお住まいのお客さまより台風のときに雨漏りしたから屋根を見てほしいとお問い合わせいただきました。屋根を調査すると隅棟と壁際の接合部あたりから雨漏りしている形跡があったので、後日雨漏り修理を施工しました。>>街の屋根やさんのお住まい...........

ドローン屋根調査

西条市洲之内で瓦屋根の修理工事をしました。以前、ドローンを使った屋根点検で見つかった不具合を屋根工事させていただきます。>>前回のブログ「西条市洲之内で築70年以上経ついぶし瓦屋根のドローン点検調査」

古い菊間瓦の屋根

今治市大三島にお住まいのお客様より、雨漏りしているから屋根をみてほしいとお問い合わせいただきました。早速、屋根調査に伺うと菊間瓦と釉薬瓦の屋根で古く傷んでいました。>>街の屋根やさんのオススメする「お住まいの無料点検」について詳しく知りたい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603