オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消


工事のきっかけ

お客様より「瓦が割れて雨漏りがしている」とのお問い合わせを頂き調査に行った結果、破風下の瓦が何枚か割れていたため修理をしました。

四国中央市 屋根補修工事,破風板・軒天部分補修,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
破風が下がって割れた瓦
horizontal
after
割れた瓦の修理後の写真

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,破風板・軒天部分補修,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
工事費用
5万円
建坪
ハウスメーカー
不明
四国中央市金生町のお客様より「瓦が割れて雨漏りしている」とのお問い合わせを頂き現場に向かいました。
現場に到着!お客様のお家は築40年の風格のある大きな入母屋の屋根でした。
早速屋根に上がると、破風下の瓦だけが左右ともに割れていました。

破風下の瓦が割れている
(左の破風下で瓦が割れている写真)
破風が下がって割れた瓦
(右の破風下で瓦が割れている写真)
破風が下ってきている写真
割れた瓦を抜いてみようとしてもビクともしません。
40年という月日の中で破風が屋根の重みで下がり、その重さで瓦が割れていました。
この部分は破風に打ち付けた雨が伝って流れるところなので、こうなってしまうと雨漏りが必至です。
台風が来る前に早く修理しましょう。
下りすぎた破風を切断
まずは修理が出来るように破風を切断しましょう。

この破風という場所は建物の外観に大きな影響を与えるので切るのは必要最低限に抑えます。
交換した瓦にギリギリ当たらない高さになるように、今回は最初の状態から5分(15ミリ)切ることにしました。

しっかりと目印の赤線を引いて真っすぐに切っていきましょう。

破風をカットした写真
(赤線に合わせて切られた破風の写真)
割れた瓦の修理後の写真
割れた瓦の差し替え(交換)をします。

こちらのお宅は菊間瓦のカギ深(72判)という大きさの瓦で屋根が葺かれています。
出来れば同じ窯元で焼かれた瓦を使えればいいのですが残念ながら廃業されていました。
なので同じ菊間瓦のオチ新瓦産業さんで同じ大きさの瓦を使用します。

まったく同じ瓦が見つからなくてもサイズはある程度統一されて作られているので代用が効くところは和瓦の良いところの一つですね。極端な事を言えば100年以上前の瓦の差し替えだって出来るんだから凄い!

今回はいざという時のために瓦の下にガルバリウム鋼板の板金を差し込んでいます。
これで、もしまた瓦が割れても雨漏りになることはありません!
割れ瓦の交換完了です!

詰まってしまった隅棟のトンネル
工事完了前に調査時に気になっていたところもメンテナンスさせていただきました。
その箇所がこちら!隅棟のトンネル部分です。
中にゴミが詰まってしまっています。
ゴミが詰まっていたトンネル
中のゴミを掻き出してみると落ち葉などがこれだけ詰まっています。
このトンネル部分は上から流れてくる水を軒先へと流してやる重要な部分。
ここが詰まってしまうとダムのように水が溜まり雨漏りに直結してしまいます。
掃除後のトンネル写真
トンネルが崩れたりする前なら、作業自体は簡単!
中のゴミを掃除してあげるだけです。

ある程度ゴミを掻き出してトンネルが通ったらあとをブロワーで風を送って細かいゴミを吹き飛ばして完了!

スッキリとしてこれで水が溜まる心配なしです。

掃除だけで済んで良かったですねー。

これが悪化して隅棟が崩れていたり下地が傷んで修理とかになると結構な費用になってしまいます。

普段あまり見る事ない家の屋根も定期的に点検メンテナンスをして長く安心できる屋根を保ってあげましょう。
街の屋根やさん西条・新居浜店では手軽に出来るドローンで屋根点検などがあります。
お気軽にお問い合わせください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市明屋敷で道路拡張にともなう借家の切り取り復旧リフォーム

リフォーム工事
施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
平屋
使用素材
既存のものを再利用
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
54万円
施工事例

西条市小松町のお宅で落ちそうな鬼瓦をがっちり再施工で解決!

落ちそうな鬼瓦
ズレのない降棟と鬼瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雪害
平屋
使用素材
シルガード白  銅線#16(1.6ミリ)
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円
施工事例

四国中央市土居町でセメント瓦屋根を陶器平板瓦で屋根葺き替え工事

セメント瓦屋根
陶器平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
鶴弥 スーパートライタイプⅠ 銀鱗色
築年数
築40年
建坪
保証
工事費用
140万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トラック衝突による塀瓦の被害

今治市本町で運送トラックが塀にあたって塀瓦に被害がでたお客様からご依頼いただき修繕工事を行いました。今回は被害のあったお客様よりのご依頼ですが、運送会社さんの保険を利用した工事となります。それでは塀瓦の修繕工事の工程をみていきます。

いぶし瓦の二階建て寄棟屋根

西条市飯岡にお住まいのお客様より屋根の漆喰が剥がれてるみたいだから見てほしいとお問い合わせいただきました。早速、屋根調査にお伺いしました。>>街の屋根やさんのオススメするお住いの無料点検はコチラ

隅棟の雨漏り原因

新居浜市郷にお住まいのお客さまより台風のときに雨漏りしたから屋根を見てほしいとお問い合わせいただきました。屋根を調査すると隅棟と壁際の接合部あたりから雨漏りしている形跡があったので、後日雨漏り修理を施工しました。>>街の屋根やさんのお住まい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603