オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

新居浜市清水町にてセメント瓦からコロニアルへの葺き替え工事


工事のきっかけ

新居浜市清水町のお客様より「セメント瓦の屋根で雨漏りがする。」とのお問い合わせを頂きました。調査の結果、セメント瓦の経年劣化が理由で雨漏りは屋根全体に及んでいることが判明し葺き替え工事をすることになりました。

新居浜市 屋根葺き替え,平屋

ビフォーアフター

before
セメント瓦当時の屋根の全体写真
horizontal
after
コロニアルに葺き替え後の屋根の全体写真

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,平屋
施工期間
4日間
使用材料
コロニアル遮熱グラッサ(クールブラウン)
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
工事費用
約800,000円
建坪
20坪
ハウスメーカー
不明
新居浜市清水町のお客様より「古いセメント瓦の屋根で雨漏りがするので見て欲しい」とのお問い合わせをいただきました。
平部の写真
さっそく現場にお伺いして原因調査をしました。
屋根に上がってみると、特に割れ瓦等の分かりやすい理由は見当たりません。
しかしじっくりと眺めてみます、、、
こちらは屋根の平部を横から見た写真ですが、中央あたりが下に湾曲しているのがお判りでしょうか。
これは雨漏りが原因で屋根下地が痛み、釘で留められているはずの瓦が下にズレてきている証拠です。
実はこちらのセメント瓦(S型スレート瓦)の雨漏り原因で特に多いのが経年劣化によるでてくるゴミや埃!
これらが瓦の重なり部に溜まってしまい水を吸い上げ釘穴等から雨漏りをするのです。
この場合の厄介なのが、瓦の重なり部のことなので上から見ても分かりにくい、、、

軒先の雨漏りのシミ
ということで、下から見てみましょう。
降りて軒先を見上げてみると、屋根下地が一部帯状に白く変色(腐食)しています。
実際この帯状の位置がちょうど最初の1段目の瓦を留める釘穴のくる位置なんです。

こちらのお宅の雨漏りはセメント瓦の経年劣化ということで広範囲にわたる事が判明。

この結果を踏まえた上でお客様に修理のプランを修理のプランをご提案させていただきました。
今回は長い目で見て局所的な修理ではなく、セメント瓦からコロニアルへの全面葺き替えへと決定しました。

ルーフィング施工した写真
全体的に経年劣化があったセメント瓦を撤去後、腐食した屋根下地は12ミリの構造用合板を全面に重ね張り強化!その上にゴムアスルーフィング(防水シート)を施工しました。しっかりとした下地作りからスタートです。
タフモックとケラバ水切りを施工
ケラバにのぼり木をビスで打ち込み水切りを施工します。
痛みやすいのぼり木にはタフモック(人工樹脂)使用しました。
ケラバの棟際に水切りを施工
棟際(頂上部)までしっかり水切りを施工します。
屋根に瓦を上げた写真
軒先水切りも施工したところで屋根材を上げていきましょう。
屋根上げされるコロニアル遮熱グラッサ
今回の主役の屋根材・コロニアル遮熱グラッサ(クールブラウン)です。セメント瓦に比べて断然に軽いので屋根の軽量化も狙えます。また遮熱機能で快適な生活のお手伝い
コロニアルの割付をする
コロニアルをまっすぐ施工する目安のライン(墨)を引くために印をつけています。私たちはこれを割付(わりつけ)などと呼んでいます。
墨打ちしたところ
先ほどの割付に合わせてライン(墨)を打ちました。
コロニアルの場合この作業をとばしても施工は出来るのですが、ひと手間かけてでもより確実により綺麗に仕上げるために、、、屋根職人としてのこだわりです!
コロニアルを釘打ちするところ
先ほどのライン(墨)に合わせて施工していきます。
1枚につき4本の釘止めでしっかり固定!
コロニアルを切断するところ
コロニアルを切断しながら屋根形状に合わせて施工していきます。2人で分担作業!みるみるうちに葺き上がっていきます。
野地板に換気口を取り付ける
棟(頂上部)付近まで葺けたら、ここでもう一仕事!野地板に換気口を開けていきます。
「屋根に穴を開けちゃうの?」と思われるかもしれませんが、もちろん雨漏りがないようにしっかりと雨仕舞をしますよ。
換気棟を施工する
先ほどの換気口の上に施工するのがこの換気棟です。
屋根裏の熱を排出!湿気も排出してくれるので夏は涼しく、冬は結露を防ぐ優れもの
こちらもケラバ水切り同様に腐らないタフモック(人工樹脂)に固定します。
棟板金を施工して完成
最後に通常の棟板金を施工して工事完了です。
作業日数としては4日間、途中雨で中断があったことを考えればなかなかスピーディーに終わったかと思います。

セメント瓦の劣化による雨漏りに悩まされたお客様でしたが、葺き替え工事が終わってみれば、、、
・雨漏り解消
・屋根の軽量化
・遮熱+換気で快適な生活
一石三鳥の結果になり、お客様にも「綺麗になって良かった。」の声を頂戴しました。

これからも皆様の生活に寄り添った屋根作りをご提案させて頂きたいとおもいます。
小さな修理から大きな工事まで、何かお困りごとがあれば街の屋根やさん西条・新居浜店までお気軽にご相談ください。


【工事完了後】

施工後の東面の屋根
しっかりとライン(墨)打ちをした結果、上空から見ても縦・横の線が通った真っすぐな葺き上がりになりました

この工事の現場ブログ

コロニアルの割付をする

2019/08/05/ 新居浜市清水町のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え完成しました

新居浜市清水町で雨漏りで悩まされていたお宅のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え工事が完成しました。前回までに下地強化と水切り板金の取り付け、瓦上げまで紹介させていただきました。今回はいよいよコロニアル葺き開始で一気に工事完成まで行っちゃい...........

ルーフィング施工した写真

2019/08/03/ 新居浜市清水町にて屋根の下地作りとコロニアルの屋根上げをしました

新居浜清水町で先日雨漏りの原因調査をしたお客様がコロニアルへの葺き替え工事をすることに決まり、屋根の下地作り(屋根じまい)とコロニアルの屋根上げを行ってきました。 →この現場で行った雨漏り原因調査のブログはこちら

屋根の全体写真

2019/08/01/ 新居浜市清水町でセメント瓦の雨漏りの原因調査をしてきました

新居浜市清水町のお客様より「古くなったセメント瓦の屋根で雨漏りがするので見て欲しい。」との問い合わせをいただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市東町で雨漏りする古い瓦屋根をルーガ雅で屋根の軽量化

雨漏りする瓦屋根
地震に強いルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ雅 モダングレー色・パナソニック ハイ丸105
築年数
築80年以上
建坪
保証
工事費用
180万円
施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市中筋町でコロニアル屋根の縁切りと隅切りの雨漏り修理。

棟の芯木を解体
棟部材の復旧
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
馬場商店:シルガード白色 パッキン付きステンレスビス。
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
8.5万円
施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

新居浜市大生院でパナソニック芯金入りハイ丸105に雨樋取り換え

壊れた雨どい
新しい雨どい
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック 芯金入り ハイ丸105
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
14万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟木の取り付け

西条市氷見の陶器平板瓦への屋根葺き替え工事で瓦桟木や水切板金の取り付けなど瓦施工の下準備をしました。見えなくなる箇所ですが、建物を守る重要な下準備ですので手を抜けません。しっかり丁寧に施工します。>>前回のブログ「西条市氷見で雨漏りでお困り...........

古いセメント瓦

西条市氷見で長年、セメント瓦屋根の雨漏りにお困りのお客様よりお問い合わせをいただき屋根調査した結果、セメント瓦の重なり部より入った雨水が雨漏りの原因になっていることがわかりました。このままでは雨漏りは直らないので、今のセメント瓦から高耐久の...........

コロニアル屋根の棟板金の撤去

西条市玉津で屋根葺き替え工事をはじめました。倉庫と門のコロニアルを撤去して倉庫は陶器平板瓦に門は銅板で葺き替えします。それでは既存のコロニアル屋根の解体・撤去の作業から始めていきます。>>前回のブログ「西条市玉津で門と物入倉庫のコロニアル屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603