オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

新居浜市で台風の強風が原因で割れた瓦を火災保険で屋根修繕工事


新居浜市で台風被害による割れ瓦の屋根修繕工事をしました。
強風の影響でテレビアンテナが倒れた衝撃で瓦が割れたようです。

今回は火災保険のなかの風災害として申請していただき保険を利用した屋根工事になります。

現地調査して火災保険申請用の資料作り

台風被害にあった屋根
割れ瓦の雨養生
お問い合わせをいただき、屋根調査に伺うとすでに倒れたテレビアンテナは撤去されたあとでした。
ドローンを飛ばして屋根瓦の被害状況を確認すると2カ所・3枚の瓦が割れていました。

風災害なので火災保険の申請が利用できます。
屋根調査して保険屋さんに提出する資料と御見積書を作成します。

こちらの屋根瓦はセメント系の瓦ですが見たことのない形状でいろいろな瓦メーカーに聞いても判りませんでした。
廃盤になって製造されていない為、部分修理する為の瓦が手に入りません。

いろいろな選択肢の中からいくつかご提案して、その中から最適な屋根工事を選びます。

仮設足場の組立て

足場の組立て作業
安全作業の為の仮設足場
作業が安全に施工できるように建物の周りにビケ足場を組み立てます。
足場屋さんが段取りよく効率的に組み立てていきます。

約半日仮設足場が組みあがりました。

差し替え用の瓦の確保

差し替え用の瓦を確保する範囲
割れた瓦を差し替える為の瓦を別の屋根面から剥がして使います。
瓦を剥がした範囲は別の種類の瓦になるので、地上から屋根を見上げて目立たない屋根面を選びます。

今回の耐風被害で割れた瓦の他にも数カ所割れた瓦があったので少し多めに瓦をはがします。

棟瓦の解体
棟瓦の下の葺き土の撤去
瓦を剥がす範囲の棟瓦を解体します。
棟瓦は復旧するときに再利用するので丁寧に剥がして保管します。

棟瓦の下の葺き土と呼ばれる土は撤去します。
平部の瓦の解体
棟瓦の次は平部の瓦を解体します。
こちらの屋根は寄棟屋根と呼ばれる形状の為、棟瓦の下の瓦は屋根の形状にあわせて三角にカットしているので差し替え用としては使えません。まるまる形の残っている瓦のみ再利用できます。

割れた瓦の差し替え

割れ瓦の下の防水紙にのこる雨漏り痕
防水紙の劣化による亀裂
差し替え用の瓦を確保したら、割れ瓦と交換します。
今回の台風被害の他、以前に割れた瓦を別の業者さんがコーキングで修理していたところも交換します。

瓦を剥がすと上下の重なり部分にコーキング塗られていなかったので、ここから雨水が瓦下に侵入しています。
防水紙には雨漏りによるシミがくっきりついています。

間違った修理方法では雨漏りは止まりません。屋根工事には雨水の流れを理解することが重要です。

劣化した防水紙に亀裂が入っていて、ここから室内に雨漏りしていたとおもいます。
割れた瓦の差し替え交換
割れた瓦の上と左右隣の瓦を金槌を使って持ち上げて、割れた瓦を抜き取って交換します。
瓦は金属屋根と違って割れたところだけの部分交換ができるメンテナンス性の良さがメリットです。

別の屋根材で復旧

瓦修理
瓦の復旧
差し替え用の瓦を剥がしたところの復旧をします。
このセメント瓦に似たようなセメント系のフラットな形状の瓦を使用して復旧します。

復旧するセメント瓦をステンレス製の瓦釘で固定します。
ほぼ違和感なく上手く納まったと思います。
棟瓦の漆喰の施工
セメント瓦の屋根工事
平部の瓦が施工できると次に棟瓦を施工します。
まず棟瓦の下に漆喰で土台をつくります。
以前は土でしたが、防水性や耐久性に優れ、強度の強い屋根工事用の南蛮漆喰を使用します。

南蛮漆喰のうえに棟瓦を被せて予め屋根下地から出しておいた銅線でしっかり固定します。
これで屋根工事は完了です。

まとめ

廃盤になった瓦屋根で差し替え用の瓦をどうしようか悩みましたが、無事に綺麗に納まって良かったです。
今回の屋根工事は台風の風災害だったので火災保険を利用できました。

屋根工事に火災保険を利用できることを知らない方が多いようですが、もしかして?と思ったら一度、わたしたち「街の屋根やさん」にご相談ください。

まずは無料の屋根点検お住いのチェックをしましょう。

この工事の現場ブログ

台風被害にあった屋根

2020/12/11/ 新居浜市で台風の強風が原因で割れた瓦を火災保険で屋根修繕工事

新居浜市で台風被害による割れ瓦の屋根修繕工事をしました。強風の影響でテレビアンテナが倒れた衝撃で瓦が割れたようです。今回は火災保険のなかの風災害として申請していただき保険を利用した屋根工事になります。>>火災保険を屋根工事に適用できる場合が...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市明屋敷で道路拡張にともなう借家の切り取り復旧リフォーム

リフォーム工事
施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
平屋
使用素材
既存のものを再利用
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
54万円
施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円
施工事例

西条市小松町のお宅で落ちそうな鬼瓦をがっちり再施工で解決!

落ちそうな鬼瓦
ズレのない降棟と鬼瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雪害
平屋
使用素材
シルガード白  銅線#16(1.6ミリ)
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市中筋町でコロニアル屋根の縁切りと隅切りの雨漏り修理。

棟の芯木を解体
棟部材の復旧
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
馬場商店:シルガード白色 パッキン付きステンレスビス。
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
8.5万円
施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

新居浜市大生院でパナソニック芯金入りハイ丸105に雨樋取り換え

壊れた雨どい
新しい雨どい
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック 芯金入り ハイ丸105
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
14万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

大棟と谷板金

新居浜市港町にお住いのお客様、玄関付近の雨漏りにお困りで屋根工事することになりました。今回の工事内容は錆びて雨漏りの原因になっていた谷板金の取り換えと、大棟の積み直し工事です。それでは、雨漏り修理の屋根工事の様子をご紹介します。>>雨漏りで...........

トラック衝突による塀瓦の被害

今治市本町で運送トラックが塀にあたって塀瓦に被害がでたお客様からご依頼いただき修繕工事を行いました。今回は被害のあったお客様よりのご依頼ですが、運送会社さんの保険を利用した工事となります。それでは塀瓦の修繕工事の工程をみていきます。

いぶし瓦の二階建て寄棟屋根

西条市飯岡にお住まいのお客様より屋根の漆喰が剥がれてるみたいだから見てほしいとお問い合わせいただきました。早速、屋根調査にお伺いしました。>>街の屋根やさんのオススメするお住いの無料点検はコチラ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603