オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四国中央市三島の屋根葺き替え工事で瓦桟木の施工と破風板取つけ


四国中央市三島の屋根葺き替え工事の現場進捗です。
古瓦の解体撤去→屋根下地工事→防水紙張りまでできたので今日から瓦葺き工事にはいります。
まずは瓦を葺く下準備の瓦桟木を施工します。

防水紙表面に瓦桟木の墨付け

垂木墨を打つ
防水紙の表面に垂木位置を墨付けしておきます。
つぎに瓦寸法の割り付けを墨付けします。
グレー色の防水紙によく目立つよう赤墨をうちます。
垂木と瓦桟木の墨打ち
防水紙表面に墨打ちができました。
縦墨が垂木の位置で横墨が瓦桟木の位置を記しています。
この墨を目印に瓦桟木を固定します。

防虫防腐素材の瓦桟木

防虫防腐桟木
瓦桟木を屋根にあげます。
寸法は(長さ3m・幅15mm・厚み30mm)で防虫防腐材を含浸させた杉材です。
耐久性が高く腐食しにくい特性があります。
溝がついているので防水紙との隙間ができ、万が一瓦下に入った雨水をスムーズに軒先まで排水できるしくみです。
桟木打ち
この瓦桟木を縦墨の垂木位置にエアー釘打ち機で釘打ちします。
1本1本正確に施工していきます。この瓦桟木に瓦裏面のツメをひっかけて釘止めします。

破風板の取り付け

破風板取り付け
ケラバに破風板と登り木をつけます。
破風板は杉材で表面を防腐効果のあるキシラデコールを塗布しています。
古建築らしくウォルナット色を塗りました。破風板は風雨にさらされるので耐久性が求められます。

瓦桟木施工
破風板の取り付けが終わったら屋根の横幅を測り瓦寸法で割り付けします。
割り付けた寸法を軒先一段目と棟際の桟木に記しをつけます。
じょうげの記しを墨打ちして、この墨に合せて瓦を葺きます。
ここまでできたら明日は瓦を屋根にあげて施工していきます。

屋根葺き替え工事は屋根専門の街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせ下さい。

この工事の現場ブログ

垂木墨を打つ

2020/02/08/ 四国中央市三島の屋根葺き替え工事で瓦桟木の施工と破風板取つけ

四国中央市三島の屋根葺き替え工事の現場進捗です。古瓦の解体撤去→屋根下地工事→防水紙張りまでできたので今日から瓦葺き工事にはいります。まずは瓦を葺く下準備の瓦桟木を施工します。前回のブログ「四国中央市三島の屋根葺き替え工事にて屋根下地工事を...........

落ちた土の掃除

2020/02/07/ 四国中央市三島の屋根葺き替え工事にて屋根下地工事をしました。

四国中央市三島で屋根葺き替え工事の屋根下地の施工をしました。雨漏りがひどく木部はだいぶ傷んでいます。改めて雨漏りを放置することの怖さを実感します。前回のブログ「四国中央市三島で歴史ある蔵の屋根葺き替え工事をはじめました」

足場の組み立て

2020/02/06/ 四国中央市三島で歴史ある蔵の屋根葺き替え工事をはじめました

四国中央市三島で歴史ある蔵の屋根葺き替え工事をはじめました。こちらの蔵について、いつ建てられたのかお客様自身も知らないそうですが、長い歴史の重みを感じる重厚感のある蔵です。それでは工事の説明をはじめます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市東町で雨漏りする古い瓦屋根をルーガ雅で屋根の軽量化

雨漏りする瓦屋根
地震に強いルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ雅 モダングレー色・パナソニック ハイ丸105
築年数
築80年以上
建坪
保証
工事費用
180万円
施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円
施工事例

四国中央市土居町でセメント瓦屋根を陶器平板瓦で屋根葺き替え工事

セメント瓦屋根
陶器平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
鶴弥 スーパートライタイプⅠ 銀鱗色
築年数
築40年
建坪
保証
工事費用
140万円
施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟木の取り付け

西条市氷見の陶器平板瓦への屋根葺き替え工事で瓦桟木や水切板金の取り付けなど瓦施工の下準備をしました。見えなくなる箇所ですが、建物を守る重要な下準備ですので手を抜けません。しっかり丁寧に施工します。>>前回のブログ「西条市氷見で雨漏りでお困り...........

古いセメント瓦

西条市氷見で長年、セメント瓦屋根の雨漏りにお困りのお客様よりお問い合わせをいただき屋根調査した結果、セメント瓦の重なり部より入った雨水が雨漏りの原因になっていることがわかりました。このままでは雨漏りは直らないので、今のセメント瓦から高耐久の...........

コロニアル屋根の棟板金の撤去

西条市玉津で屋根葺き替え工事をはじめました。倉庫と門のコロニアルを撤去して倉庫は陶器平板瓦に門は銅板で葺き替えします。それでは既存のコロニアル屋根の解体・撤去の作業から始めていきます。>>前回のブログ「西条市玉津で門と物入倉庫のコロニアル屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603