新居浜市中筋町で築30年の緩勾配コロニアル屋根の雨漏り修理


新居浜市中筋町の築30年コロニアル緩勾配屋根のお客様のお宅の修理工事に入ります。以前調査したときにに見つけた雨漏り原因をひとつひとつ丁寧に正確に対処していきます。

縁切り工程

コロニアルの縁切り
まずはコロニアルの木口に付いている塗料をカッターで縁切りしていきます。こうすることで中に入った水もコロニアルの裏面を伝って下の瓦表面に排水されます。
コロニアルの縁切り
縁切り作業できました。コロニアルなどのスレート屋根は一般的に屋根塗装リフォームが多いですがただ塗るだけではダメなんです。雨水の流れをちゃんと理解して縁切りなどほかにも適切な処置をしていかなければなりません。

隅棟の修理

隅棟の修理
次に隅棟の修理にとりかかります。まずは棟部材を解体していきます。この棟部材はもう一度再利用するので丁寧にはずして余分なコーキングも綺麗にとって掃除します。
隅棟の棟部材解体
棟部材を取ると棟芯木が出てきました。通常はこの芯木の両サイドに漆喰や土が盛られていることが多いのですがこちらはなにもありませんでした。これでは棟部材の隙間から入った風雨が隅棟から雨漏りをおこします。
棟の芯木を解体
棟芯木をとりはずします。4センチ角の上部なきですが棟部材を留める釘穴を中心に雨水が浸入している形跡がありました。
隅棟の掃除
棟芯木をとりはずすとコロニアル表面の掃除をします。築30年たつと結構なホコリとゴミが溜まっています。このホコリとゴミも雨に触れると毛細管現象雨水を吸い上げて雨漏りの原因となるため丁寧に掃除していきます。

隅切り

コロニアルの隅切り
つぎに隅先端部分をカットしていきます。新築当時コロニアルを隅棟形に合わせて斜めにカットしていくのですが先端部分は3センチほど手前でカットしておかないといけません。これを隅切りといいます。
コロニアルの隅切り
隅切りははコロニアル同士密着しているのでコロニアルの下端を水が伝います。コロニアルが隅棟の先端まであると雨水が隅棟の中心から侵入するため、3センチほど手前でカットして下のコロニアル表面に水を誘導しないといけません。

南蛮漆喰施工

隅棟の芯木の取り付け
隅切りを全てしたら棟芯木を取り付けます。元の芯木でもまだ使えますがこの後も長持ちしてもらう為に新しい米松製の丈夫は芯木に取り替えました。棟部材をこの芯木にビスで留め付けるため丈夫でなくてはいけません。
南蛮漆喰の施工
芯木の周りに南蛮漆喰をぬっていきます。当社では南蛮漆喰は「シルガード白色」を標準で使っています。この中には漆喰の他にシリコンを含む防水剤が入っているため、このシルガード自体が雨を弾く撥水効果があります。
棟部材の復旧
シルガードを綺麗にぬると次に棟部材を復旧していきます。芯木の周りにシルガードを塗っているため棟部材の隙間から風雨が吹き込むようなことはありません。
棟部材をステンレスビスで留めつけ
パッキン付きのステンレスビスで棟部材を固定していきます。防水のためのパッキン付きなのでビス穴から雨がはいりこむこともありません。
雨漏り修理完成
これで雨漏り修理の完成です。塗料の縁切りやコロニアルの隅先端の隅切り棟芯木の周りに撥水効果のあるシルガードを施工するなど、雨漏りの原因しっかり究明し適切な対処が修理には必要です。それには豊富な経験と専門の知識をもつ私たち街の屋根やさんにお任せ下さい。

この工事の現場ブログ

コロニアルの縁切り

2020/01/31/ 新居浜市中筋町で築30年の緩勾配コロニアル屋根の雨漏り修理

新居浜市中筋町の築30年コロニアル緩勾配屋根のお客様のお宅の修理工事に入ります。以前調査したときにに見つけた雨漏り原因をひとつひとつ丁寧に正確に対処していきます。

勾配の緩い屋根

2020/01/30/ 新居浜市中筋町で築30年のコロニアル屋根の雨漏り点検調査

新居浜市中筋町にお住まいのお客様より雨漏りがしていて困っているからみてほしいとお問い合わせをいただき見に行きました。雨漏りの箇所は2階の東側だけで天井に雨漏りの跡が数カ所残っています。天井裏に上がってみると隅木を中心に雨漏り跡の黒くカビが生...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

新居浜市中筋町でコロニアル屋根の縁切りと隅切りの雨漏り修理。

棟の芯木を解体
棟部材の復旧
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
馬場商店:シルガード白色 パッキン付きステンレスビス。
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
8.5万円
施工事例

新居浜市沢津で隅棟の取り直しと陸谷の掃除で長年の雨漏り解消

雨漏り調査
隅棟の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
馬場商店:シルガード白
築年数
50年
建坪
保証
工事費用
12万円
施工事例

西条市小松町のお宅で落ちそうな鬼瓦をがっちり再施工で解決!

落ちそうな鬼瓦
ズレのない降棟と鬼瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雪害
平屋
使用素材
シルガード白  銅線#16(1.6ミリ)
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

新居浜市大生院でパナソニック芯金入りハイ丸105に雨樋取り換え

壊れた雨どい
新しい雨どい
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック 芯金入り ハイ丸105
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

新居浜市中村町でセメント瓦屋根を地震に強いルーガ鉄平で葺き替え

セメント瓦屋根
ルーガ鉄平の屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ鉄平 ストーンブラック色・パナソニック角樋 シルビスケアPC50
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

丸瓦施工

西条市大保木でモルタル塀に丸瓦を載せて施工しました。モルタルだけだと雨水が染みこんで内部を傷めてしまいます。今回は三州産のいぶし瓦の丸瓦を載せて雰囲気よくなりました。前回のブログ「西条市大保木の塀瓦修理で長い棟ののし積みを施工しました」

棟ののし積み

西条市大保木の塀瓦修理の進捗です。前回、一段目の台のしを施工したので二段目と三段目ののし積みをします。それでは棟の施工工程を説明していきます。前回のブログ「西条市大保木の塀瓦修理で古瓦を再利用した棟の積み直し工事」

樹脂製桟木に銅線

西条市大保木の塀瓦修理工事の進捗です。棟を丈夫にするため銅線をだしたり下準備をすすめます。では作業工程をみていきます。前回のブログ「西条市大保木の塀瓦修理工事で谷板金取り替えや棟の銅線取り付け」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603