四国中央市金生町で割れた瓦の補修工事と屋根のメンテナンス


四国中央市金生町のお客様より「瓦が割れて雨漏りしているから修理してほしい」とのお電話をいただき修理をしました。
破風が下がって割れた瓦
現場に到着し実際に屋根に上がってみると破風付近の瓦が割れていました。
割れた瓦を抜こうとしても破風の重みで動きません。
破風が下ってきている写真
反対側の破風付近も同じように割れていました。
こちらは築40年のお宅だそうで重みで破風が下がって瓦を割ってしまっていたんですね。
このままにしておくと割れた瓦から雨漏りがしてしまうので修理します。
下りすぎた破風を切断
まずは瓦を押しつぶしている破風を少しカットします。
破風はお家の外観の印象にかかわるところなので切りすぎないように注意が必要です。
修理した後に瓦が割れない必要最低限の高さで印をつけます。
破風をカットした写真
印に沿って破風をカットしました。
これで割れた瓦を交換できます。
こちらのお宅は菊間瓦を使用しているので、同じ菊間瓦の72判の瓦に交換します。

割れた瓦の修理後の写真
修理完了です。
破風の真下の瓦と、隅棟の下の交換できない瓦の下にはガルバリウム鋼板を入れて雨が野地板に落ちないようにしました。
これで万が一、また破風が下って瓦が割れてしまってもしばらくは雨漏りしないはずです。
左側の破風下も同様に割れていた箇所を修理しました。

これでお電話いただいたお悩みは解決です!
破風下の瓦が割れている
(破風が下り瓦が割れた写真)
ガルバリウム鋼板で修理した瓦
(破風をカットした後、ガルバリウム鋼板で補修した写真)
詰まってしまった隅棟のトンネル
現場調査時に気になるところがあったのでメンテナンスさせていただきました。

それがこちらの隅棟のトンネル。
ここは雨水が通るところなので本来はトンネルになっているはずなのに、葉っぱや泥といった物が詰まってしまっています。
こうなると水が堰き止められダムのようになり雨漏りへと繋がってしまいます。気づいたら掃除しましょう!
掃除後のトンネル写真
ゴミを掃除して詰まりを解消しました。
あっという間にメンテナンス完了です。

掃除自体は単純ですぐに出来るものなんですが、放置して雨漏りが進行していくと隅棟が崩れてしまったり屋根下地を痛めてしまったりと深刻な事態に発展しかねません。今回は軽症ですんで良かったです。

たまにで良いので屋根を点検してメンテナンスをしてやることで安心の屋根は維持できます。
みなさんも街の屋根やさん西条・新居浜店までお気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円
施工事例

西条市小松町のお宅で落ちそうな鬼瓦をがっちり再施工で解決!

落ちそうな鬼瓦
ズレのない降棟と鬼瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雪害
平屋
使用素材
シルガード白  銅線#16(1.6ミリ)
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四国中央市金生町にて割れ瓦の交換と屋根メンテナンスで雨漏り解消

破風が下がって割れた瓦
割れた瓦の修理後の写真
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 菊間瓦(カギ深)
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りのする和室の上の屋根

西条市氷見にお住まいのお客様より、「雨漏りがするから屋根を葺き替えたいので一度見て欲しい。」とご依頼をいただきました。今回は雨漏りのあった和室のある部分が対象です。

DSC_0913

四国中央市金生町にお住まいのお客様より「家の塗装工事中に瓦が割れたので修理してほしい。」とのご依頼をいただきました。

落ちそうな鬼瓦

西条市小松町のお客様より「お隣さんに言われて気づいたんだけど、鬼瓦が落ちそうになってる!」とのお電話を頂き、現場直行し修復工事を行いました。