新居浜市清水町のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え完成しました


新居浜市清水町で雨漏りで悩まされていたお宅のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え工事が完成しました。
前回までに下地強化と水切り板金の取り付け、瓦上げまで紹介させていただきました。
今回はいよいよコロニアル葺き開始で一気に工事完成まで行っちゃいましょう。
コロニアルの割付をする
この日はコロニアルのの割り付けからスタート!
割り付けは屋根材を葺くための墨(ガイドライン)を引くために目印をつけること。
この目印を頼りに屋根葺きをしていくので完成した時の姿をイメージしながらミリ単位で割り付けをしてきます。

コロニアル葺きの場合、本来はコロニアル自体に重なり部分の印が付いていてその印をあわせて葺くので割付は必要ないのですが、、、
この印の見方で多少のズレが出てしまいがちです。
誤差の範囲内ではあるんですが、やはり仕上がりに差が出てしまうので手間ではあるけど割り付けをしましょう。
墨打ちしたところ
割り付けの印にあわせて墨(ガイドライン)を打ちます。
写真では少し見えずらいですが横と縦に打ちます。

この墨に合わせていよいよコロニアル葺きの開始です。
コロニアルを釘打ちしている
それではコロニアルの上端を墨に合わせて葺いていきます。
釘は1枚につき4本!「強すぎず弱すぎず」釘が浮いたり沈みすぎたりしないように留め付けます。
コロニアルを切断するところ
こちらは屋根の形状に合わせてコロニアルを切断しているところです。

コロニアルは1坪(3.3㎡)あたり20枚で葺き上がります。
通常の和瓦が1坪あたり53枚に比べると半分以下!
2人で分担作業で、みるみるうちに葺き上がります。
換気棟を施工する
棟付近まで葺き上がったら換気棟を取り付けましょう。
換気棟とは屋根の1番高いところに換気口をあけて、そこから屋根裏の熱くなった空気や湿気を屋外に逃がしてやるシステムです。
熱い空気や水蒸気は、上へ上へと上昇する性質があるのでとても理にかなったシステムですね。
屋根に穴を開けるのでお客様の中には「雨漏りするんじゃないの?」と不安になる方もいるかと思いますが、しっかりと雨仕舞をしてあげれば大丈夫です!

換気棟を施工する
(換気棟を取り付けたところ)
棟板金を施工して完成
(通常の棟板金も取り付け)
換気口の上に換気棟を取り付けます。
棟板金を取り付ける笠木には腐らないタフモック(人工樹脂)を使用し、ビスで固定します。
中央に棟換気、その周りに通常の棟板金を取り付けたら風にも強い棟が完成しました!
施工後の東面の屋根
経年劣化によりいたるところで雨漏りに悩まされていたセメント瓦(スレート瓦)の屋根が
・すっきり落ち着いたコロニアル屋根で雨漏り解消
・遮熱コロニアル+換気棟で夏は涼しく冬は結露防止
・重量はセメント瓦の半分以下
お客様にも「綺麗になって良かった。」と言っていただける屋根に生まれ変わりました。
以上で今回の工事は完了です。

小さな修理から大きな工事までお客様のお悩み・ご要望に合わせたプランをご提案させていただきます。
お問い合わせは街の屋根やさん西条・新居浜店までお気軽にご連絡ください。

この工事の現場ブログ

屋根の全体写真

2019/08/01/ 新居浜市清水町でセメント瓦の雨漏りの原因調査をしてきました

新居浜市清水町のお客様より「古くなったセメント瓦の屋根で雨漏りがするので見て欲しい。」との問い合わせをいただきました。

コロニアルの割付をする

2019/08/05/ 新居浜市清水町のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え完成しました

新居浜市清水町で雨漏りで悩まされていたお宅のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え工事が完成しました。前回までに下地強化と水切り板金の取り付け、瓦上げまで紹介させていただきました。今回はいよいよコロニアル葺き開始で一気に工事完成まで行っちゃい...........

ルーフィング施工した写真

2019/08/03/ 新居浜市清水町にて屋根の下地作りとコロニアルの屋根上げをしました

新居浜清水町で先日雨漏りの原因調査をしたお客様がコロニアルへの葺き替え工事をすることに決まり、屋根の下地作り(屋根じまい)とコロニアルの屋根上げを行ってきました。 →この現場で行った雨漏り原因調査のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

西条市東町で雨漏りする古い瓦屋根をルーガ雅で屋根の軽量化

雨漏りする瓦屋根
地震に強いルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ雅 モダングレー色・パナソニック ハイ丸105
築年数
築80年以上
建坪
保証
工事費用
180万円
施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

新居浜市大生院でパナソニック芯金入りハイ丸105に雨樋取り換え

壊れた雨どい
新しい雨どい
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック 芯金入り ハイ丸105
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

新居浜市中村町でセメント瓦屋根を地震に強いルーガ鉄平で葺き替え

セメント瓦屋根
ルーガ鉄平の屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ鉄平 ストーンブラック色・パナソニック角樋 シルビスケアPC50
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風板の取り替え

新居浜市横水町の屋根葺き替え工事の進捗です。ケラバの古い破風板を新しく取り替えて、瓦桟木をうって瓦施工の下準備をしていきます。今回使用する瓦は和型陶器瓦の防災瓦で地震・台風に強い屋根になります。それでは作業工程をみていきます。前回のブログ「...........

古いしぶし瓦屋根

新居浜市横水町で屋根葺き替え工事の進捗です。古瓦と古土を撤去処分して屋根下地工事をします。昔ながらの土葺き工法だったため瓦の下には大量の土が敷き詰められていて屋根の重量も重かったようです。それでは屋根葺き替え工事の様子をみていきます。

和型陶器瓦

今治市中寺で屋根の点検調査しました。雨漏りするからみてほしいとお問い合わせいただきみにいきます。屋根の上にあがるとさまざまな傷みがみられます。それでは屋根調査の様子をみていきます。雨漏り調査は屋根の専門店「街の屋根やさん西条・新居浜店まで

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603