新居浜市清水町にて屋根の下地作りとコロニアルの屋根上げをしました


新居浜清水町で先日雨漏りの原因調査をしたお客様がコロニアルへの葺き替え工事をすることに決まり、屋根の下地作り(屋根じまい)とコロニアルの屋根上げを行ってきました。 
ルーフィング施工した写真
こちらは元々施工されていたセメント瓦(スレート瓦)を撤去後、12ミリの構造用合板の増し張り補強、ルーフィング(防水シート)を張ったところです。
全体的な雨漏りのために所々腐ってしまい歩くと踏み抜いてしまいそうだった屋根下地も、走れるくらいにしっかりしました!ルーフィングも新しくなって多少の雨ならこれだけでも雨漏りはさせません!
タフモックとケラバ水切りを施工
次にケラバの水切りの施工です。(ケラバってどこ?)
ケラバは屋根の端部で風や雨の影響を受けやすく重要な箇所となってます。
古い屋根をめくってみると、ケラバの屋根下地が腐ってしまいスカスカで「瓦を釘打ちしていても上に載っているだけ」なんて状態がよくあります。
「ケラバの瓦が台風で飛んでしまった」「ケラバの軒天がボロボロになっている」等のお問合せを頂くことが少なくありません。
今回水切りを留め付けるのぼり木には、水を吸収せず腐ることのない人工樹脂(タフモック)を使用しビスと釘でしっかりと固定してます。これで風の強い日の雨でも安心です!
ケラバの棟際に水切りを施工
屋根の形に合わせてケラバ水切りを切断して棟際(頂上部)まで施工します。
隙間なくピタリと合うように切るのはなかなか難しいんですが、さすがベテランの手技!
ちなみに、この部分は工事完成時には棟の板金で隠れてしまいます
壁際に捨て谷を施工
こちらは壁際の捨て谷です。
最終この上にコロニアルと雨押えが来るのですが、強風時に雨が吹き付けたときに水が入ってしまった時この捨て谷で外へと水を排出します。
もしもの時の大事な保険ですね!
これで屋根の下準備は完成!
屋根上げされるコロニアル遮熱グラッサ
ようやく今回の主役の屋根材の登場です!
色はクールブラウンで落ち着きのある柔らかい印象。
表面のコーティングの中に赤外線を反射する特殊な顔料が配合され太陽の熱を反射してくれる遮熱機能付き!綺麗も長持ちでおススメのコロニアルです。


荷揚げ機でコロニアルを上げている写真
コロニアルを屋根に上げていきます。
ここで登場するのが瓦揚げ機(通称タワー)
連結式のアルミ梯子に電動の巻き上げ機をセットしたもので135キロの物まで上げられる力持ち!
屋根やさんの必需品です。


屋根に瓦を上げた写真
使いやすいようにある程度の間隔をあけながら屋根に置いていきます。こちらで全体の8割くらい。全部上げてしまうと作業スペースが無くなってしまうので残りは随時上げていきましょう。
養生して軒先に置かれた屋根材
残りの屋根材はしっかり梱包。
お客様に確認をとって邪魔にならない軒先に置かせて頂きました。
次回から本格的に屋根葺き開始です。
この工事で何か分からないことがあれば街の屋根やさん西条・新居浜店までお気軽にお問い合わせください。

この工事の現場ブログ

屋根の全体写真

2019/08/01/ 新居浜市清水町でセメント瓦の雨漏りの原因調査をしてきました

新居浜市清水町のお客様より「古くなったセメント瓦の屋根で雨漏りがするので見て欲しい。」との問い合わせをいただきました。

ルーフィング施工した写真

2019/08/03/ 新居浜市清水町にて屋根の下地作りとコロニアルの屋根上げをしました

新居浜清水町で先日雨漏りの原因調査をしたお客様がコロニアルへの葺き替え工事をすることに決まり、屋根の下地作り(屋根じまい)とコロニアルの屋根上げを行ってきました。 →この現場で行った雨漏り原因調査のブログはこちら

コロニアルの割付をする

2019/08/05/ 新居浜市清水町のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え完成しました

新居浜市清水町で雨漏りで悩まされていたお宅のセメント瓦からコロニアルへの葺き替え工事が完成しました。前回までに下地強化と水切り板金の取り付け、瓦上げまで紹介させていただきました。今回はいよいよコロニアル葺き開始で一気に工事完成まで行っちゃい...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

西条市東町で雨漏りする古い瓦屋根をルーガ雅で屋根の軽量化

雨漏りする瓦屋根
地震に強いルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ雅 モダングレー色・パナソニック ハイ丸105
築年数
築80年以上
建坪
保証
工事費用
180万円
施工事例

四国中央市三島で雨漏りのひどい蔵の屋根を和型陶器瓦で葺き替え

雨漏りする蔵の屋根
陶器瓦屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
(株)鶴弥 スーパーエース 銀鱗色
築年数
築100年以上
建坪
保証
工事費用
144万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市中萩で雨漏りする2階寄棟屋根を防災瓦で屋根葺き替え工事

工事前
2階のみ屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
防水紙:田島プラチナスタイル 瓦:請川窯業 防災安心瓦
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
108万円
施工事例

新居浜市大生院でパナソニック芯金入りハイ丸105に雨樋取り換え

壊れた雨どい
新しい雨どい
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック 芯金入り ハイ丸105
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

新居浜市中村町でセメント瓦屋根を地震に強いルーガ鉄平で葺き替え

セメント瓦屋根
ルーガ鉄平の屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
ケイミュー(株) ルーガ鉄平 ストーンブラック色・パナソニック角樋 シルビスケアPC50
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根の棟板金の撤去

西条市玉津で屋根葺き替え工事をはじめました。倉庫と門のコロニアルを撤去して倉庫は陶器平板瓦に門は銅板で葺き替えします。それでは既存のコロニアル屋根の解体・撤去の作業から始めていきます。>>前回のブログ「西条市玉津で門と物入倉庫のコロニアル屋...........

瓦桟木の取り付け

西条市飯岡にて施工中の屋根葺き替え工事の現場進捗です。防水紙まで施工できたので、瓦を葺く下準備をしていきます。>>前回のブログ「西条市飯岡で雨漏りでお困りの釉薬瓦屋根を屋根葺き替え工事」

釉薬瓦の撤去

西条市飯岡で長年雨漏りに悩まれているお客様より屋根調査依頼をいただき、調査すると瓦を留める鉄釘が錆びて膨張することで釘穴を中心に瓦が割れて雨漏りしていました。屋根瓦も古くなっていたので、古い瓦を撤去して新しい瓦に屋根葺き替え工事をします。>...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西条・新居浜店にお問合せ下さい!
8時~18時まで受付中!!
0120-12-0603